広告(リンク)

報告

アラサーからアラフォーの分岐点、現状を整理(年収編)

投稿日:

 

こんばんは。えいたです。

「社畜、継続していますか?」

勤続10年経過、年功序列の給料を実感しています。

【中小IT企業】2年連続、独身男性が年収500万円到達!

  こんばんは。えいたです。 「2年連続、年収500万円以上を達成しました。」 要因:基本給のベースアップ、ボーナスは過去最高額、残業時間は昨年と同様 「社畜の頑張り、一応報われたのかな?」 ...

続きを見る

2019年:年収500万円以上(予定)

今年も客先で勤務、キャリアアップはありません。

  • 34歳 & 年収500万円(現状):満足
  • 40歳 & 年収550万円(予想):中小IT企業は、35歳が上限
  • 45歳 & 年収200万円(予想):早期退職対象、転職?

客先常駐の末路は残酷、定年までに解雇の可能性が高い・・・。

中高年の扱いは難しい、客先から解雇される。立場上は正社員ですが、中高年の技術者に居場所はありません。客先固有のスキルでは、他職場で活躍できない。

僕は最悪の展開をシミュレーション済み、資産運用に力を入れています。

アラサーからアラフォーの分岐点、現状を整理(資産編)

  こんにちは。えいたです。 職場と自宅の往復、刺激が無い日々を過ごす! 「恋愛格差の最底辺を自覚、独身前提の生活を楽しむ?」 資産運用は大切な趣味ですが、最近は結婚への想いが上昇しています ...

続きを見る

一生独身を決意した場合、逃げ切りが可能かも?

しかし、結婚するなら・・・最低限の年収は500万円必要!

 

スポンサーリンク

転職:婚活の結果次第

アラサーからアラフォーの分岐点、現状を整理(婚活編)

  こんばんは。えいたです。 小学生が「未来の自分へ」で書きそうな内容、僕は実現項目がありません。 35歳の僕、仕事が順調。プライベートは素敵な彼女と結婚、子供に恵まれ、家族で仲良く過ごす。 ...

続きを見る

高望みおじさんは見苦しい、婚活は若い方が有利です。

45歳で婚活:子供が欲しい、35歳未満希望

結婚はデメリットもあり、自分の時間が無くなる・・・。

そして、転職する場合は揉める確率が高い!

男性は上昇志向(ギャンブル)、女性は現状維持を望む。

年収の大幅ダウンが無い限り、女性は転職に反対!無職の可能性が1%でも、リスクを過剰に心配。男性の健康より、世間体を心配します。

キャリアアップ、年収アップ、勤務地の変更・・・。

「最低でも1日8時間、週40時間は勤務」

会社に拘束される時間が長い、自分を優先して良いのでは?

客先常駐から抜け出すメリットも大きい、独身の場合は転職を決断します。

 

年収:本業+α

「あなたが、働く理由は何ですか?」

僕は収入を得るため、それ以外の理由を知りたい。

仕事にやりがいを感じている人は少数派、大半は生活のために勤務!

年収アップの王道はキャリアアップですが、僕にその道は期待できません。

楽しみは週休2日のみ、仮に年収700万円(不労収入)の場合は退職します。

宝くじが当たる(夢の話)は想定しない、現実的ラインを考えました。

本業は最低500万円、差額を副業で稼ぐ → 目指せ、700万円

本業の不安を副業の熱意に変換、稼ぎ方の多様化を模索中!

・結婚の可能性を残す
この瞬間にセミリタイアしても、逃げ切れる自信はあります。
しかし、婚活に正社員の肩書は必須です。

 

さいごに

学生時代はコミュ障の僕、3年以内退職が濃厚でした。

結果:10年間、会社員を継続 → 自分自身を褒めてあげたい

しかし、IT業界は年齢の壁が2つ存在します。

  • 35歳:プログラマー限界説
  • 45歳:早期退職横行(富士通等)

年収アップは期待できない、改めて副業を決意!

※課題は副業と婚活の兼ね合い、時間が足りません。

 

広告①

スポンサーリンク

広告①

スポンサーリンク

広告(関連)

-報告

Copyright© 金の鼓動 , 2021 All Rights Reserved.