広告(リンク)

金の雑記

平成終了目前、経団連会長「終身雇用なんてもう守れない」

投稿日:

 

こんばんは。えいたです。

経団連会長の発言、正社員は梯子を外された気分?

2019年4月19日:「終身雇用は難しい」の認識を示す。

高度経済成長期は、終身雇用のメリットがありました。

年功序列で出世 → 定年まで勤める → ライフプランを立てやすい

経済が成長しているから、高年収の45歳以上を支えることができる!

現在はその前提が崩壊、終身雇用が経済成長の邪魔者扱いです。

 

スポンサーリンク

45歳以上は早期退職

日本の雇用制度は解雇が難しいため、早期退職を利用しています。

入社から10年経過、IT業界で45歳以上の勤務は難しい。

  こんばんは。えいたです。 2019年4月1日:入社から10年経過 IT業界の35歳定年説は有名、一般的に新技術の習得が遅れます。 管理職にシフトが望ましいけど、ポストは既に埋まっている! ...

続きを見る

アベノミクスにより、企業の内部留保は増加傾向です。

内部留保の使い道:社員の給料アップでは無く、早期退職の費用

数年分の割り増し退職金を渡して、退職して頂きたい社員が多い?

僕は会社員として、常に感じていることがあります。

「新しい技術を吸収できない、45歳以上はコストパフォーマンスが悪い」

  • 給料アップ → 社員にデメリット無し
  • 給料が同様 → 現在と同様の生活を続ける
  • 給料ダウン → 固定費(ローン等)を考えて、生活できない

ライフプランにおいて、普通の人は給料ダウンを想定していません。

「最後は会社が守ってくれる、上の世代と同じように・・・。」

終身雇用を夢見た人の妄想、時代は常に変化します。

 

グローバル競争

日本は終身雇用、アメリカは解雇が容易

年功序列制度は無し、年収はパフォーマンス次第!

若手優遇では無く、60歳でも優秀な人は高年収

無能な45歳以上を雇う必要がないため、会社の業績が上がりやすい。

世界中でサービスを展開する時代、業務の効率化は必須です。

「無能な45歳以上の給料を上乗せして、提供されるサービス」

価格・付加価値の両面において、グローバル競争に勝てる気がしない・・・。

「45歳以上を雇い続けて、倒産しました。」

株式会社として、責任を果たしていますか?

 

稼ぐ力をつける

株式会社は株主の利益が最優先、従業員は利益を実現する道具!

言い方は悪いですが、早期退職推進の理由です。

株主の立場:早期退職は改革のイメージ、好印象があります。

会社の業績において、個人がコントロールできる部分は少ない。

「自分の部署は良いが、他部署が不祥事を起こした。」

よって、お金の面で100%会社依存は危険です。

  • 他社でも即戦力のスキルを習得
  • 副業で2つ目の収入源を得る

会社に勤めている立場だから、少々の回り道が許される!

「何もしないより、個人でお金を稼ぐを実践する期間」

失敗も経験になり、将来の資産になります。

 

さいごに

経団連会長、平成終了目前に「脱終身雇用」を口にする!

令和は従来のライフプランが崩壊、1つの企業で勤務は難しい?

中小企業勤務の僕は想定範囲内、割り増し退職金が欲しい立場です。

仮に僕が大企業に勤める → 本業で給料アップを目指す

副業を推進するきっかけは、自社に先行き不安がありました。

そのおかげで「本業 + 副業」の2本柱、実践しています。

 

広告①

スポンサーリンク

広告①

スポンサーリンク

広告(関連)

-金の雑記

Copyright© 金の鼓動 , 2021 All Rights Reserved.