広告(リンク)

ふるさと納税

【2019年6月】ふるさと納税、返礼品に寄付控除不可?

更新日:

 

こんばんは。えいたです。

2018年、あなたは「ふるさと納税」をしましたか?

ふるさと納税の返礼品3割以下反対、制度見直し案を考える。

  こんばんは。えいたです。 2018年9月11日:野田総務相は「ふるさと納税」制度を見直す方針発表 ふるさと納税の受入額:平成29年度の実績は約3653億円 返礼品が3割の場合、約1096 ...

続きを見る

確実に儲かる財テクですが、2019年6月1日以降は制度変更を予定!

「還元率3割超え or 地場産品ではない」返礼品は、寄付控除を受けれない

各自治体は寄付を集めるため、趣旨と合わない返礼品を用意しています。

還元率40%のAmazonギフト券

提供自治体の言い分(例):「Amazonで地場産品のショッピングをお楽しみ下さい。」

競争激化の結果、2018年は何でもありの状況になりました。

 

スポンサーリンク

管理人のふるさと納税(2018年)

年収の計算禁止、ふるさと納税は6万円しました。

①楽天スーパーSALE(9月):2万円

楽天スーパーSALEは、ふるさと納税+買い物がおすすめ

  こんばんは。えいたです。 2箇所にふるさと納税の結果、ショップ買い回りが2倍! 最大10倍にするためには、残り8箇所で買い物が必要・・・。 「無駄遣いするからね~」 思考を変えるだけで、 ...

続きを見る

楽天から泉佐野市にふるさと納税、還元率は50%(楽天ポイント込み)超えです。

②ふるなび(11月):2万円

静岡県小山町:リンガーハットグループ共通商品券(還元率40%)

有効期限無し、リンガーハットは全国各地にあります。

2016年から3年連続2万円寄付、商品券の魔力は恐ろしい・・・。

2019年1月1日以降:今後の準備のため、当面の間は中止

③楽天スーパーSALE(12月):2万円

還元率の高い泉佐野市から、ステーキ(1万円)を注文しました。

そして、静岡県焼津市「カット生ずわい蟹約1kg(1万円)」を注文しました。

注文時のランキングNo.1、足の下に胴体が隠れています。

9月と12月、2回に分割しましたが・・・まとめた方がお得です。

ショップ買いまわりの上限は10万円 → 理想はふるさと納税に10万円

ショップ買いまわりで無駄遣いを避け、効率良くポイントをゲットできます。

 

ふるさと納税の方向性(2019年)

僕は出身地とふるさとが同様のため、他の箇所に愛着がありません。

よって、還元率重視で寄付先を決定!僕のお気に入りは「大阪府泉佐野市」「静岡県小山町」ですが、2018年に総務省から指摘を受けました。

還元率3割超えの地場産品以外は許さない、他の自治体からクレームが発生!

「出る杭は打たれる」

競争はルール内が原則、寄付控除から除外する方向は認めるしかない・・・。

しかし、金持ちのふるさと納税対策が先では?

・100万円の寄付
「1万円 × 100人 or 100万円 × 1人」
後者は高額返礼品目当て、上限30万円の返礼品をゲット!
そして、5箇所までワンストップ特例制度を利用できます。

「寄付先の自治体を絞る金持ち、金持ち向けの高額返礼品を充実させる自治体」

対策:還元率の上限より、金額の上限を規制するべき!

結果的に金持ち優遇制度を推進、ふるさと納税の意義が問われます。

 

さいごに

上限3割の横並びは、返礼品に魅力が無くなる

2019年6月1日以降:楽天スーパーSALEで楽天ポイント狙い

  • 住民税非課税世帯:ふるさと納税の恩恵がない
  • 高年収世帯:上限3割でも恩恵が十分

中流世帯狙い撃ちは自民党のお家芸、「取りやすいところから」は飽きました。

 

広告①

スポンサーリンク

広告①

スポンサーリンク

広告(関連)

-ふるさと納税

Copyright© 金の鼓動 , 2021 All Rights Reserved.