広告(リンク)

ふるさと納税

自分用のクリスマスプレゼント、年末はふるさと納税の季節

投稿日:

 

こんにちは。えいたです。

クリスマスプレゼントがもらえない、あなたに朗報!

投資はリスクが存在しますが、ふるさと納税はノーリスクです。

ふるさと納税

自治体へ寄付、2000円を超える部分が税の控除対象です。
寄付のお礼として、返礼品がもらえます。

全額控除の基準として、住民税の20%が目安です。

※他の控除(住宅ローン、保険等)を用いている場合、差し引く必要あり!

例えば、年収400万円の独身者は上限42000円です。

静岡県小山町に寄付して「リンガーハットグループ共通商品券」をもらう場合、

  • 10000円の寄付:4000円の商品券
  • 40000円の寄付:16000円の商品券

2000円の支払い、16000円の商品券をゲット!

一般的な投資のように大儲けはできないですが、ノーリスクがメリット!

 

スポンサーリンク

申請忘れに注意

自治体に寄付、返礼品をもらって終了!」に注意して下さい。

あなたが払っている税金を控除する必要があります。

確定申告

税務署に行って、書類(自宅で作成、印刷可能)を提出します。

デメリット:税務署は休日閉庁、平日に行く必要あり!

ワンストップ特例制度

確定申告無し、書類をふるさと納税先に送付します。

デメリット:毎年の納税先が5自治体以下

 

どちらかをしなければ、単純な寄付となって・・・足長おじさんです。

僕は確定申告を用いて、申請しています。

FXは「儲かる:税金を払う」「損をする:損失の繰越控除」をする必要があり、税務署のお世話になります。よって、ふるさと納税も一緒に申請しています。

 

年末のメリット

ふるさと納税について「クリスマスプレゼント」は気持ちの問題・・・年末に行うメリットは、納税額の確定がしやすいから。住民税は1月~12月の周期で確定します。

  • 冬のボーナスは12月支給、最後まで油断できない
  • 中小企業の場合、倒産がありえる?去年並みは夢見すぎ
  • 千円単位の納税が可能、中途半端な金額を残さない

年末に少しだけふるさと納税をする位なら、1年分まとめてした方が効率的です。

デメリットも紹介

  • 季節限定の返礼品が注文できない
  • 人気の返礼品は売り切れの可能性あり
  • 国の意向で制度変更(返礼品の上限は30%を基準)

 

さいごに

塵も積もれば山となる

「年間2万円位のため、面倒な手続きはしたくない。」

残業を少しすれば、稼げる金額です。しかし、労働と一緒にしないで下さい。

ふるさと納税は金額が小さくても、不労所得の一種です。

自分を助けるため、確実にリターンがある方法は覚えるべき。

1年、10年、30年単位で考えた時、納税額は凄いことになっているから。

自分用のクリスマスプレゼントが届けば、テンションアゲアゲ!

ふるさと納税をしていない人も、この機会に始めることをおすすめします。

 

広告①

スポンサーリンク

広告①

スポンサーリンク

広告(関連)

-ふるさと納税

Copyright© 金の鼓動 , 2021 All Rights Reserved.