広告(リンク)

金の雑記

【オリガミで、半額】松屋、1品毎に券売機で190円引き!

投稿日:

 

こんばんは。えいたです。

OrigamiPayを用いて、第1~3弾の半額を利用!

【オリガミで、半額】ケンタッキー、クーポン併用で6割引き

  こんばんは。えいたです。 PayPayに隠れていますが、OrigamiPayもキャンペーン実施中! 2019年2月13~19日:ケンタッキーフライドチキンが半額 「吉野家」からの「DEA ...

続きを見る

しかし、第4~6弾は期待外れ・・・。

  • 第4弾:タクシー → 乗らない
  • 第5弾:コンビニ → 大阪に無し
  • 第6弾:居酒屋 → お一人様利用に合わない

第7弾の枠が無いため、「盛り上がりに欠ける終了」と感じていました。

2019年月5月8~14日:松屋が半額

会社の方から情報を入手、2日遅れの5月10日から使用開始!

 

スポンサーリンク

吉野家以上のお得感

値引きの方法は、第1弾「吉野家」と同様!

【OrigamiPay】吉野家、クーポンと株主優待を併用

  こんばんは。えいたです。 PayPayキャンペーンは盛り上がりました。 スマホ決済サービスの使い方に慣れ、OrigamiPayをダウンロード! 2018年12月17日:吉野家190円OF ...

続きを見る

税込300円以上のお支払い → 190円引き

300円の商品が最もお得、110円(63.3%引き)になります。

300円以上の丼・定食、牛めし(並盛)は対象(320円)です。

「吉野家より、牛めしの値段が安いからお得!」

値段を超えるお得感は、券売機による食券購入から生まれました。

券売機にQRコードをかざして、OrigamiPayを使用可能です。

「300円を超える商品は、会計を区切ります!」

牛皿(大盛)は320円、3個注文した場合は960円です。

  • 注文後にまとめてレジ払い(吉野家方式):960円 ー 190円 = 770円
  • 券売機で会計区切り(松屋方式):960円 ー 190円 × 3 = 390円

「吉野家の場合でも、3回会計して解決?」

使用者の時間ロスもデメリットですが、店員さんの手間も増えます。

結論:券売機の支払いは双方の悩みを解消、理想の支払い方法!

 

1日3食松屋生活

朝・昼・晩の3食、松屋で購入しました。

1回目:朝

定番朝定食、選べる小鉢はミニ牛皿にしました。

支払い値段:360円 ー 190円 = 170円

牛皿はおかず、卵かけごはんが美味しい!

2回目:昼

コストパフォーマンスが高いメニュー、牛めしを注文!

会計区切りを利用して、310円のサイドメニューを注文!

豚汁変更(180円)、半熟玉子・お新香セット(130円)

300円未満の商品は、組み合わせて300円以上にします。

支払い値段:320円 + 310円 ー 190円 × 2 = 250円

店内で380円引き、吉野家は不可能でした。

3回目:晩

牛皿(大盛)は家族分を含めて、購入しました。

支払い値段:(320円 ー 190円) × 3 = 390円

牛皿はおかずの一品、松屋生活と言いつつ・・・自宅の晩御飯と一緒に頂く!

 

「松のや」も対象

松屋フーズHDの店舗が対象、とんかつ業態「松のや」も使用可能!

松屋と異なり、約300円のメインメニューが見当たらない・・・。

朝定食の得朝ロースかつ定食、190円引きで最も輝くメニュー?

支払い値段:400円 ー 190円 = 210円

コストパフォーマンスが良過ぎる、近くに店舗がある方はおすすめ!

 

さいごに

店舗数が多い「松屋フーズHD」、久しぶりにOrigamiPayを使用しました。

スマホ決済サービス、競争が激化中・・・。

OrigamiPayの現金割引方式は、ポイント支給と異なる点です。

半額キャンペーンのOrigamiPay、今後も頑張って下さい!

 

広告①

スポンサーリンク

広告①

スポンサーリンク

広告(関連)

-金の雑記

Copyright© 金の鼓動 , 2021 All Rights Reserved.