広告(リンク)

金の雑記

【株価に朗報】アベクロコンビ継続、黒田東彦日銀総裁再任へ

投稿日:

 

こんばんは。えいたです。

2018年2月9日:黒田東彦日銀総裁の再任方針を固める。

2月5日~9日において、日経平均株価は絶不調でした。

【2月6日】アメリカの影響、日経平均株価1000円超安!

  こんばんは。えいたです。 暴落は仮想通貨の専売特許、株式は無縁と思っていました。 ・日経平均株価 2月5日:592円安 2月6日:1071円安(一時、1600円安) 2日連続暴落、僕の資 ...

続きを見る

黒田日銀総裁の再任、株価に良い影響が出ることを願っています。

 

スポンサーリンク

アベクロ継続

○○クロと言えば、ユニクロ・ももクロが有名です。

それでは、アベクロの意味が分かりますか?

  • アベ:安倍晋三内閣総理大臣
  • クロ:黒田東彦日本銀行総裁

2人の頭文字をとった造語です(コブクロと同様)。

アベクロの実績と言えば、株価に集約されます。

現在の株高は間違いなく、2人の功績!

アベノミクス3本の矢において、金融政策で応える黒田日銀総裁。

  1. 大胆な金融政策
  2. 機動的な財政政策
  3. 成長戦略

デフレマインドを払拭するため、大規模金融緩和(第1の矢)を開始しました。

インフレが理想

デフレ環境では、預金が最強。よって、所得分配が起こりません。
・良いインフレ:サービスの値段が上がり、給料も上がる(預金価値の低下)
・悪いインフレ:ハイパーインフレ(国民生活の破滅)
経済を活性化させるため、所得分配は避けて通れない。
  • インフレに怯えてる人は、ジンバブエ・ベネズエラ化を恐れている?
  • 先進国の日本において、ハイパーインフレは起こるのか?

僕は後者を信じて、良いインフレのステップと考えています。

 

大規模金融緩和

2013年4月開始。期限は2年程度のはずが、現在も継続。

物価上昇率が2%以上になるまで、市場にお金をばら撒く。

しかし、デフレマインドに染まった日本人を変えることは難しい!

  • 国債・ETFの購入増加
  • マイナス金利の導入

追加金融緩和は黒田バズーカと呼ばれ、インフレに強い意気込みを感じます。

黒田日銀総裁就任後、金融政策決定会合が注目を浴びている?

現在、追加緩和は一段落しましたが・・・出口戦略の発言は注目です。

 

黒田日銀総裁再任へ

出口戦略は、リーマンショックから立ち直ったアメリカが先行しています。

大規模金融緩和の先には、出口戦略が必要

GDP比で見ると、日銀の国債購入額はFRBを超えている!

よって、アメリカ以上に難しい舵取りが求められます。

「国債の暴落を抑えながら、出口戦略は可能?」

現在の政策を一番理解している人物は、黒田日銀総裁!

「出口戦略は時期尚早」が口癖ですが、次の5年間で答えが見つかる?

 

さいごに

僕は安倍総理より、黒田日銀総裁の続投を支持します。

大統領と異なり、総理大臣は権限が少ない。よって、実行力に欠ける。

アベの意思をクロが実現、追加金融緩和時に見せた強力なリーダーシップに期待!

黒田日銀総裁の1期目は、株価絶好調!2期目もよろしくお願いします。

 

広告①

スポンサーリンク

広告①

スポンサーリンク

広告(関連)

-金の雑記

Copyright© 金の鼓動 , 2021 All Rights Reserved.