広告(リンク)

株式投資 売買

【損失拡大中】米中貿易戦争、日経平均株価2万円割れを想定

投稿日:

 

こんにちは。えいたです。

2018年、株価の下落が止まらない!

【2月6日】アメリカの影響、日経平均株価1000円超安!

  こんばんは。えいたです。 暴落は仮想通貨の専売特許、株式は無縁と思っていました。 ・日経平均株価 2月5日:592円安 2月6日:1071円安(一時、1600円安) 2日連続暴落、僕の資 ...

続きを見る

・日経平均株価
3月23日:974円安
3月26日:大幅続落?(NYダウ424ドル安)

3月23日の終値:20617円

3月28日は権利落ち日。180円の下落を想定すれば、2万円割れは目前?

今回の震源地もアメリカです。トランプ大統領がやらかしました。

 

スポンサーリンク

貿易赤字

貿易赤字:輸入金額 > 輸出金額

中間選挙の実績作り、アメリカファーストを実現したい。

トランプ大統領の目標:アメリカの貿易赤字を削減

日本に不満があることは、度々ニュースで流れていますが・・・本当の敵は中国です。

・2017年の貿易統計(アメリカ・赤字ベスト3)
中国:3752億ドル
メキシコ:711億ドル
日本:688億ドル

アメリカと日本の関係は「自動車・自動車関連部品」が、貿易赤字の8割を占めています。

僕は無免許人間なので、自動車に興味は無いですが・・・外国車と言えば「ポルシェ・ベンツ等」のドイツ車が思い浮かびます。アメリカ車は日本でPR不足?

まぁ、日本と貿易赤字を解消したところで・・・中国の20%未満ですから。残念!

中国が標的の対策、2つ発表されました。

  • 鉄鋼製品に25%・アルミ製品に10%の関税(日本も対象)
  • 中国の知的財産権侵害により、最大600億ドル相当の製品に25%の関税

中国も報復関税の準備を始めており、貿易戦争が始まる?

 

下落に耐えろ!

先が見えない状況は、サブプライムローン問題と似ています。

  • 大台の20000円割れ?
  • 2017年の安値18000円割れ?
  • 2016年の安値15000円割れ?

ネガティブな方向に考えると、きりがありません。

でも、僕は売却の誘惑に負けない。

「長期保有の株主優待が増加中!」

保有銘柄では、オリックスが該当します。

  • 3年未満:5000円相当のカタログギフト
  • 3年以上:10000円相当のカタログギフト

2018年3月で3回目の確定、2019年は10000円相当の予定です。

トランプ大統領は吠えていますが、世界経済は好調を維持!

今は長期保有の株主優待がない銘柄でも、追加の可能性が捨てきれない。

「売却しなければ、損失は確定しない。」は有名な言葉、インカムゲインを楽しみます。

 

さいごに

米中貿易戦争、第三者の日本。でも、日経平均株価の下落率は大きい。

売買の中心は外国人、世界の株式市場に左右されます(特にアメリカ)。

個人投資家ができることは、安いと信じた値段で購入・長期保有と思います。

下落に耐えられるメンタルがあれば、今回の事件も乗り越えられるはず。

 

広告①

スポンサーリンク

広告①

スポンサーリンク

広告(関連)

-株式投資, 売買

Copyright© 金の鼓動 , 2021 All Rights Reserved.