広告(リンク)

投資信託・FX

手数料高過ぎ注意、投資信託は証券会社のおすすめ商品です。

投稿日:

 

こんにちは。えいたです。

投資初心者にとって、商品選びは悩みの種です。

  • 分散投資と言うけれど、資金が足りないよ~。
  • 個別株を購入して、ストップ安になったらどうしよう。
  • 初心者が適当に商品を購入して、儲かる?

投資の世界に限りませんが、分からない場合は「プロ」に頼みます。

投資信託とは「運用会社にお金を預けて、利益を分配する」商品です。

一般的な意見として個別株と異なる点は、運用会社は様々な商品に投資しているのでリスク分散している。そして、プロが運用しているので一般人より儲かる可能性が高い。

証券会社の勧誘セリフですが、僕は投資信託否定派です。

プロなら、恥ずかしくない実績を出せ!

投資信託を購入していた僕の経験を記します。

 

スポンサーリンク

購入のきっかけ

投資の悩み、株の未来が読めない!

僕の場合、日本株の購入が中心ですが「リスク分散」の面で不安がありました。日本特有の出来事があり「世界の株式上昇、日本の株式下降」は悔しいから。当時は世界の株について知識が不足しており、手っ取り早く投資信託に頼りました。

「分からなければプロへ」の判断は、間違いないですよね?

僕が5年間で購入した投資信託は200万円です。

  • ドル建ての投資信託:100万円
  • オーストラリアドル建ての投資信託:100万円

証券会社とのやりとりで、外国の投資信託は利率が良いことを説明されました(元本割れのリスクも説明)。よって、喜んで購入したと思います。

結果:運用成績が送付されるたびに「投資信託」に対して興味が無くなる。

プロと呼ばれる方が、僕が売買している日本株の利益を下回っているから。

 

手数料が原因

プロ(運用会社)にお願いする場合、手数料が必要!

確実に儲けさせてくれるなら、安い出費です。

販売手数料

投資信託の購入時に支払います。

2%の場合:100万円の投資信託を購入しても、98万円からのスタートです。

信託報酬

プロに毎年支払う費用です。

1%の場合:100万円の投信信託の場合、1万円抜き取られます。

信託財産留保額

投資信託を売却時に支払います。

 

僕が言いたいことは1つです。

お客様に損失を出させて、手数料をもらうプロが不愉快

「不良品を売り出して、返金に応じません!」は一般社会では通用しません。

元本割れのリスクは承知済みなので、損失に対して文句を言うつもりはゼロです。解約時に今までの手数料を返金して、お客様の損失を少しでも減らす意気込みが感じられない。

投資信託:高利率を謳い文句にして、証券会社が手数料を稼ぐ商品

【社畜の日常】中抜きを意識して、株主の価値を理解する。

  こんばんは。えいたです。 中小企業で働く僕ですが、今後が見えません。 僕は正社員でありながら、客先に常駐している派遣です(特定派遣)。 仕事内容は客先社員が嫌がる雑務です。IT会社に入社 ...

続きを見る

中抜きされる側になった時点で、儲けることはできません。

 

運用結果

2017年10月27日:投資信託を売却しました。

興味が無さ過ぎて放置していましたが、自宅に電話があったので売却を決意!

  • ドル建ての投資信託:95万円(ー5万)
  • オーストラリアドル建ての投資信託:125万円(+25万)

20万円の利益ですが、為替変動による利益が大半です。

日経平均株価と比較して、パフォーマンスの低さに愕然としました。

 

さいごに

投資信託の元を辿れば、商品の組み合わせです。

つまり、勉強してオリジナルの投資信託が制作可能

投資信託は儲ける機会より、勉強する機会の損失が問題!

数年間、投資信託に携わりましたたが・・・1記事に収まる内容

プロより自己判断の方が、損失を出した時に後悔しないです。

「損失は授業料」と捉えて、知識という名の利益を生み出せるから。

証券会社のカモになることは、資産運用の放棄と同様です。

 

広告①

スポンサーリンク

広告①

スポンサーリンク

広告(関連)

-投資信託・FX

Copyright© 金の鼓動 , 2021 All Rights Reserved.